JALUX

文字サイズ

Investor Relations
会社案内

ごあいさつGreeting

  • このたび、代表取締役社長に就任いたしました込山でございます。
    前任の横尾より社長を引き継ぐことになり、その責任の重さに身の引き締まる思いでございます。
    今後、当社のさらなる成長に向け、精一杯努力していく所存ですので、皆さまのご支援とご協力を賜りたく、何卒よろしくお願いいたします。

    2016年6月17日

    代表取締役社長込山雅弘

JALUXグループは、1962年創設以来、航空・サービス事業を基軸に、空港店舗や通信販売などのリテール事業、食品やワインなどを取り扱うフーズ・ビバレッジ事業を手掛け、多角的なビジネスを展開しております。
今般、JALUXグループのさらなる成長のため、2017年3月期を初年度とする新中期経営計画「Next Stage 2020」を策定し、テーマ・ビジョンを「持続的成長への新たな挑戦 〜航空・空港分野に独自の強みを有するグローバルな企業集団へ〜」といたしました。

新中期経営計画では、航空・空港関連を中心とした4つの事業領域(航空・空港関連、ライフサービス、リテール、フーズ・ビバレッジ)において、環境変化・顧客ニーズを先取りし、個別事業の進化、領域間シナジーを深め、グループの持続的成長を目指すことを基本方針に据え、以下の点を重点戦略として事業活動に取り組んでまいります。

  • 収益基盤の拡大

    各領域における既存事業のさらなる強みの深耕、顧客・商品・サービスの拡幅、ビジネスモデルの変革により事業の拡充を図ってまいります。また、協業、M&A等を積極的に活用し、事業規模の拡大やバリューチェーンの充実・強化を図ってまいります。

  • 新たなコア事業の創出と育成

    各領域において、新たなコア事業の創出への取り組みを推進するとともに、前中期経営計画にて着手したコア候補事業の育成のための諸施策を加速させ、次世代に向けたコア事業の機軸化を目指してまいります。

  • 事業ポートフォリオの最適化

    事業の選択と集中により、限られた経営資源を適正かつ効率的に再配分し、4領域で環境変化に耐えうる事業ポートフォリオの構築を目指してまいります。

エリア戦略では、国内市場はもとより、成長著しい ASEAN 域のほか、航空産業の中心である米国を海外重点エリアと定め、海外体制を一層強化し、グローバルに事業を推進してまいります。
あわせて、これらの戦略を支える基礎となる、「人材の育成と組織力の強化」・「資金調達力と財務体質の健全性の確保」・「グループ経営の深化」にもグループで取り組んでまいります。

今後も「幸せづくりのパートナー」の理念の下、人に社会に環境に、もっと豊かな輝きをもたせられるよう企業価値を向上させ、持続的成長と発展を目指してまいります。

引き続き、変わらぬご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。